ゆーるりどうでもいい話し ゆーるり子育て[小学校低学年] ゆーるり子育て[幼児]

サンタクロースの存在っていつまで信じてもらえる!?という話し

投稿日:2017-07-10 更新日:


 
サンタクロースって子ども時代のイベントでとても思い出深いですよね。
でも私の子ども時代は半分は微妙なプレゼントを持ってきてくれる微妙サンタでした(笑)。
欲しいものと少し違う…。
あ、でもたまに当たり年もありました。
小学4,5年生ぐらいまでは、クリスマスの朝に小躍りをして喜んでいました。結構純粋な方だと思います(¯―¯٥)。

しかし、その日は突然やってきました。
とあるクリスマスの朝。
サンタさんからもらったプレゼントに心ウキウキしていたのも束の間、プレゼントをくるんでいたのは、

近所のジャスコの包装紙(´・ω・`)

どっかの子ども名探偵みたいに、「あれれ〜」となりました。
「サンタさんは、ジャスコで買い物しないよね。
どうしてジャスコの袋に入っているの?」

っていうのがきっかけで…。

とまぁそんな感じで楽しく子ども時代を過ごしていました。
そんな私も大人になって、自分の子どもにサンタさんが来るのが楽しみになりました♪
長く来てくれたらいいなぁと思っています。

ところが先日、3歳の息子のとある発言に衝撃を覚えました。
一緒に世界の鉄道という本を読んでいた時に、
カナダの某鉄道は、クリスマスになるとサンタクロースが乗ってきて
プレゼントを配ってくれるという珍しいお話しが載っていました。その話しの横に、その風景の写真が添えてありました。サンタクロースが電車に乗っている所です。

息子
これは誰?

サンタクロースだよ。プレゼントも持っているでしょ。

息子
( ◞•̀д•́)
そんな事は聞いていないの!誰が変装しているの!!!?

…………(¯―¯٥)。
ア、ア、アルバイトのおじさんかな。。。

とまぁ、そんな感じでした。
「3歳なのにね〜」と思いました。

でもこの息子の発言は私に思い当たるふしがありました。
というのも、息子はとても恐がりで、節分の日に保育園に行けないぐらい鬼が恐いという事がありました。
だから私は、「先生が鬼の格好しているだけだよ。先生なら怖くないでしょ」と言って
泣きそうな息子を保育園に送り出していました。

ヒーローショーでも、悪者が怖いから帰ると泣く息子に
「本物じゃないよ。中に人が入っているんだよ。だから大丈夫。」と教えたり…。

そんなあれこれが悪かったのだと今になって気づきました。
息子の恐がりをおさえてあげようと思ったのですが、サンタさんにまで悪影響を及ぼす結果になりました。
子どもから楽しみを一つ奪ったようで、ごめんねと思っています。

そんな私の息子とは対照的に兄の家がとても面白かったんです…。

スポンサーリンク


 

兄の家の話し

兄の家はうちよりもずっと年上の子どもがいます。
もうすっかり大人になっています。

そんな兄の子どもが高校生ぐらいの時かな、
たまたまクリスマス前に兄に会ったので
「さすがにもうサンタさんって来てないんでしょ?」と聞くと、
少し困った顔でこう言いました。

実は一度も、サンタクロースの存在を疑う発言をされた事がなくて、機会を毎年伺いつつも、まだ来ているんだよね。いつ言おう(¯―¯٥)

との事。
実は兄の息子ってとても頭がよくて勉強できます。
勉強だけでなくて、生活面でも中々の策士(笑)!
兄が子どもに転がされているなと思いました。

高校生男子の枕元にもサンタさんが行っているのかと思うと
ちょっと面白く思いました。

娘の話し

そして私の娘(小学低学年)の方ですが、彼女は小さい時に、サンタクロースにおびえていました。
「どうしてそんなに怖いの?」と聞くと
知らないおじさんが枕元に来るなんて、絶対無理!
との事(¯―¯٥)。確かに…。
そこでサンタクロースさんへ手紙を書く時に、必ずプレゼントはリビングへ置くようにとお願いの一文を入れる事にして解決しました!
彼女が小さい間は、リビングにプレゼントが置かれていました( ・◡・ )。

そんな可愛い時代も過ぎ、最近になって、
「サンタクロースの本当のことを聞かせてくれ」と言いにきました。
どうやら習い事をしている時に
小学6年生のお姉さんから、サンタクロースの話しが出たそうです。
そして娘は疑いだして、私に聞いてきたようです。
娘の顔を見ていると、もうほぼ確信している感じがしました。

そこで私は兄の息子の話しをして、
存在を疑わなかったら、高校生になってもくるけど
どうする?本当の話し聞きたい?もう大人になる?と聞くと
「じゃー、いい…。」と引き下がってくれました。

なんだかおどしているようだけど、まだ下に小さい息子がいるので
もう少しこの件は曖昧にしておきたく思っています。

娘より、息子の方が手強そうですが…(¯―¯٥)。
今年も楽しいクリスマスを迎えたいものです。

-ゆーるりどうでもいい話し, ゆーるり子育て[小学校低学年], ゆーるり子育て[幼児]

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

関連記事

icon-fukidashi

キュウレンジャー→仮面ライダーの間に寝ていたのに…ニチアサが10月から変わった感想

前から予告CMをテレ朝が打っていたので、知ってはいたので 嫌〜な予感、していました。 (¯―¯٥) でも、今日からだったなんて 忘れてましたよ。 朝、息子が (。◕ ∀ ◕。)こんな顔をして お気に入 …

icon-milk

出産後にはこんな事がある…初妊婦さんへ[初めての授乳]の話し

妊娠中って割と出産をゴールに考えがちですが、 出産後の初めてのハードル、それは… 初めての授乳 私は、全くうまく出来ませんでした (¯―¯٥) 赤ちゃんと二人での連携作業なので 私一人ではどうにもなら …

icon-medi2

子ども2人を無痛分娩で出産した体験談[東京衛生病院]-初産編

[無痛分娩] ブログ村キーワード 東京にはたくさんの病院があって、 出産する病院を選ぶ時はとても迷いました。 私はフリーランスで仕事をしているので、産休というものがなく結構ギリギリまで働きたいという事 …

icon-hakoiri

過保護のカホコにハマったので感想を書いてみる…

まさかのドハマリした、今期のドラマ「過保護のカホコ」。 今は第六話まで見終わっての感想です。 最初は何だか口コミが多いからちょっと見てみようかなと軽い気持ちで 【Hulu】でお昼を食べながら見ていまし …

icon-pen

暗記が苦手でも九九を覚える最新のコツを調べてみた〝大人も使える!〟

スポンサーリンク   小学校2年生の山場といえば 算数のかけ算 一年生から家庭で少しずつ覚えだす子もいるようですが うちの子は、予習が大の苦手なので、何もせず二年生の秋までやってきました。 (¯―¯٥ …

当ブログは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、 Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。 当ブログ記事の2ch系まとめサイトへの無断転載を禁じます。 投稿した記事内容は私的なものであり、所属する組織・団体に関連性はありません。