ゆーーるりどうでもいい話し

キングダムにハマったので浅〜く解説してみる

投稿日:2017-08-21 更新日:


 
ついにやっと、念願かなってキングダムを最新巻まで読む事ができました♪
アメトークでキングダム芸人を見てからこの漫画が気になっていたのですが、
【Hulu】に入ると、アニメが全話見れたので、早速視聴。
するともう止まらない(笑)。
一気にそのまま漫画まで読みました。

アメトークでもやっていたので、女性で気になっている人もいるのではと思って、
普段は少女漫画ばかり読んでる私が、
キングダムの魅力を女性目線で解説してみます(笑)。

バトルモノではなく頭脳戦

わたしは元々、戦争やバトルものの漫画ってあまり興味が無く、
どちらかというと苦手分野。
野郎同士が殴り合って勝敗を決める事に何のロマンも感じませんm(_ _ )m。

しかしこのキングダムは、古代中国の秦の始皇帝が中華統一をするまでのお話なので、ほとんどのお話が戦の話しになります。
あれ、バトルモノでは?と思われがちですが、ほとんどの勝敗を決するのは、
知略家同士の頭脳戦。
知恵と知恵の勝負なんですよね。
この駆け引きが面白い( ・◡・ )。

私が一番熱いと思ったのは、函谷関(カンコクカン)の戦い。

主人公側の秦国が敵5カ国に手を組まれて攻め込まれるという絶体絶命のピンチ!!
それでも各名武将の機転に機転を重ねて、見事に相手国を退却させてしまいます。
この辺りの攻防戦がすごい!!

しかも、概ねは実話ってのがすごいです。
まぁオリジナルの脚色は多いのですが…。

ライアーゲームやハンターハンターと似ている系統の戦い方(?分かりづらい例えですかね…)なのですが、キングダムの温度はもっと熱いです。
頭脳戦が大好きな人なら、絶対ハマると思います!!

主要キャラがいきなり死ぬ

たくさんの主要人物が出てきての駆け引きになるわけですが、キャラ分けが上手くて
「これ誰だっけ?」とはならないのがこの作者のすごい所だと思います。
いろいろな漫画を読んでいると、メインキャラは死なないという暗黙の了解みたいなものって生まれてくると思うのですが
このキングダムは早々に死んだりします…。
何故かというと、史実には忠実だから。
どんなに話しが盛り上がってようが、主要キャラになっていようが史実に死すとあれば死ぬんです。

史実を知らずに読んでいると急に死ぬので驚かされたりします。
これがこの漫画の魅力でもあるわけです。

アニメから入った人は漫画も読むべし

私はアニメから入ったのですが、アニメを見終えたら一応一通りの終わった感はありました。
しかしです、そこで終わるともったいない。
その後の展開の方がとても熱いです。
是非是非、そのまま漫画まで流れる事をおすすめします。




 

好きなキャラを語りたい(笑)

騰将軍

全然かっこ良くないおじさんなのですが、一番大好きです!
飄々としていて強さをみじんも出さずに、ひたすらボケに走る姿勢ですが
いざ戦となると誰よりも頼りになる!!
そして無表情でボケる。

桓齮将軍

こっちは真逆のカッコいい将軍。
函谷関の戦いの時が一番輝いていた!!

ラブは期待しない(笑)

普段少女漫画ばかり読んでいるので、それなりに恋愛模様も期待してしまいますが、この漫画にはそんなもの不要です。
キュンは一つもありませんが、それ以上に熱いものがあるので大丈夫。
でも、主人公の信は史実上は子孫を残しているので、どこかで何かがあるんだと思います。
今の所、女性副官の羌瘣(きょうかい)がフラグ立っているけど史実上は男性らしいので、そこをねじ曲げてくっつけるのは無いかな〜って感じですね。
期待せずに待っています。。。

スポンサーリンク

-ゆーーるりどうでもいい話し

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

関連記事

icon-pen

アメトーーク〝定時制高校芸人〟久しぶりに笑って泣いた

  9/10(日)にオンエアされていた アメトーークの〝定時制高校芸人〟。 さっき、録画を見ていたのですが すごく笑えたし、最後は感動の号泣でした。 久しぶりの神回だったのではないでしょうか!? 冒頭 …

icon-pen

ことえりの漢字変換がおかしくなったけど解決したので、その直し方を書いてみた

今回はただのmacのバグの解決how toです。 私の備忘録的に書き留めです。 症状 ブログを書いていると、漢字変換に不具合が( •́ ⍨ •̀)。 きろく→記録としたいのに、o区となる…。 ちゃんと …

icon-kunkun

自分の匂いが数値化で分かるアイテムがコニカミノルタから登場予定

何度かブログに加齢臭のお話を掲載したのですが、 私のブログの検索ワード上位には、「匂い 本人」というのが多くなりました。 ●加齢臭対策 – 本人に言わずに周りができる事 ●40歳過ぎた主人が匂い出した …

icon-seka

SEKAI NO OWARIのライブチケットが当選、最近のライブ事情に困惑

娘が突然に、「セカイノオワリのライブに行きたい!」と言い出し、ちょっと検索をしてみると丁度募集中。 7/9締め切りで、検索をした日は7/3。 コレは何という偶然!と思い、応募してみる事にしました。 場 …

icon-santa

サンタクロースの存在っていつまで信じてもらえる!?という話し

  サンタクロースって子ども時代のイベントでとても思い出深いですよね。 でも私の子ども時代は半分は微妙なプレゼントを持ってきてくれる微妙サンタでした(笑)。 欲しいものと少し違う…。 あ、でもたまに当 …

当ブログは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、 Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。 当ブログ記事の2ch系まとめサイトへの無断転載を禁じます。 投稿した記事内容は私的なものであり、所属する組織・団体に関連性はありません。