ゆーるり乳がん治療体験談

乳がん〔ステージ1〕-乳がん治療体験談Part9【 乳房全摘術を受ける 】-

投稿日:

8月の手術で乳房温存手術を受けたのですが
摘出した組織を検査すると、
乳管の中にがん細胞が張っているタイプの癌だったようで
10月に再び、片方の乳房を全部取ってしまう
[乳房全摘術]というものを受けることになりました。

子供が小さいこともあり、今後の温泉やプールの事などを考え、
同時に乳房再建も行っていただくことにしました!

[乳房全摘術]+[乳房再建]の二本立ての手術の体験談です。

スポンサーリンク

手術の前日に入院

乳房温存手術の時もそうだったのですが、
麻酔科の説明など諸々あるので、前日の入院となっていました。
この日は手術前の軽い検査みたいなものをしただけで
割とゆったりと過ごしました。

前回の手術から2ヶ月しか経っていないので
病棟の看護師さんも皆さん知った顔。
前回よりもリラックスをして滞在することができました。

スポンサーリンク

手術の日

当日は朝から水分も含めて絶食。
朝から腕に点滴が繋がれました。

そして手術予定は午後2時ぐらいというものだから
お腹が空いてしょうがなかったです。。。
「孤独のグルメ」を見ながら、ひたすら待っていました。
↑余計お腹がすくドラマですが、どうしても見たくなったもので。

そして、ついに名前が呼ばれて
自分の足で元気に手術室へ。
8月に一度手術したこともあり、あまり緊張しませんでした。

前日に、手術中に好きな音楽を流せますがどうしますか?っと聞かれたのですが
私は特に音楽にこだわりがないので、
「ネイチャー系の自然な音がいいです」と言いました。
手術室に入ってみると、
「ザザ~っ、ザザ~っ」と大波の音が。

あれ、なんか違うぞっと思ったのですが、心にしまっていると
他のお医者さんからもツッコミが入りました。
「こんな激しい波の音じゃないよね?」って(笑)。
そうなんです、森の小鳥のさえずりのような静かな音を思っていたので、
かなり違いました(笑)。

でも、そのおかげかみんなが一斉に和んだ空気になり、よかったかもとも。
私としては、どうせ寝てしまうから何でもいいとも思っていたので
あとはお任せしますとだけ言って、
深い麻酔の中へ落ちていきました。。。

・・・・・

一瞬の出来事で次に起こされた時は
もう気持ち悪くて、気分は最悪でした。
二回、乳がんの手術を受けて分かったのですが、
手術の辛さって、全身麻酔を終えた後の辛さのようです。
傷口の痛みなどはあまり無いなので。。

手術は無事に済んだようですが
気分が悪いので夜中までず〜っと寝ていました。
母や主人がいたような気もしたのですが
もうそれどころではなく、ひたすら寝ていました。

スポンサーリンク

手術の翌日

翌日の朝になると覚醒してきました。
そして、手術をした胸がたまに殴られたような痛みを発するようになりました。
激痛とかでは無いのですが、
ちょっとヤンキーに胸を軽く殴られたような痛みです。

これなんだろう!?っと思い、看護師さんに聞いてみると
乳房再建をした時に筋肉を分けて異物を入れているので
その時の筋肉の痛みですとの事です。

手術をした側の胸の筋肉全体が筋肉痛になっているようで
起き上がるのも一工夫必要でした。
そこの筋肉を使わないように起き上がらないと痛いので。。。

いわゆる筋肉痛のような痛みなので
数日で収まりました。
お医者さんには痛いようなら遠慮せずに痛み止めを飲んでくださいと言われていたので
手術後しばらく痛み止めを飲んでいたこともあり
徐々に気にならなくなりました。

そして一番大きな体の変化が
手術をした胸側の脇から[ドレーン]というビニールの管が2本でていました。
胸から出る水を外に排出するためにつけているもののようです。

dore-n02

そして、その管の先には、↓このような貯めるタンクが付いていて
1日2回ほど看護師さんが捨てに来てくれました。
初日はトマトジュースのような赤だったのが日にちが経つにつれて、オレンジになっていきました。

dore-n01

スポンサーリンク

手術後、3日目あたりから外出できる

ドレーンをぶら下げてはいるのですが、
昼間ずっと外出していても問題ないようで、私はちょくちょく家に帰っていました。
朝と夜だけは、ドレーンの液体の様子を観察したいらしく
外泊できない感じでした。

息子のサッカー大会に観戦に行ったりと
割と普通に過ごすことができていました。
秋だったので、服を着込むとドレーンが見えないので
かなり助かりました。

スポンサーリンク

1ヶ月は腕上げ厳禁

手術後は特にこれといった制限はなかったのですが、
傷口が開くといけないからという理由で、
手術をした側の腕は
頭より上に上げるのは1ヶ月禁止でした。

日々のことなので、忘れそうで心配していたのですが
その心配は杞憂でした。
というのも、上げるとちょっと突っ張るような感じになり、すぐに思い出します。

今は手術から2ヶ月経ったのですが、
ちょっとした違和感はまだあるのですが
腕をあげることはできます。

スポンサーリンク

手術をした胸のあたり全体が麻痺する

これはやってみて分かったのですが、
手術をした時に胸から腕のあたりにかけて神経を取っているらしく
(こういう表現で合っているのかわからないのですが。。。)
手術後はずっと麻痺しています。
半年は麻痺状態が続いていると先生が言っていたような気がします。

2ヶ月経った現在は、手術直後よりは感覚が戻ってきていますが
まだ足がしびれた時のような、何重にもソックスを履いた感覚のような触り心地です。

スポンサーリンク

乳房全摘術+乳房再建の傷口の様子は?

手術後2日目に着替えするので
恐る恐る胸を見ました。。。

第一印象は、「リカちゃん人形の胸みたい」。
とても綺麗に手術をしていただけたようで、乳首も綺麗になくなっているので
本当にツルンとしていて、ふくらみだけはあります。
そしてその胸に横にシュッと切り傷が1つあります。
切り傷も本当に綺麗で、カッターで間違えて指を切った時のような切り傷です。

予想以上の綺麗な手術後の胸に驚きました。
今の医術って本当にすごいなぁっと感動しました。

まだまだ書くことはあるのですが、
ちょっと長くなったので、また次回に!

-ゆーるり乳がん治療体験談

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

関連記事

icon-medi2

マンモグラフィーが超絶怒濤に痛かった話し[乳がん検診]

区の方から乳がんの無料クーポンが送られてきました。 こういうの送られて来るたびに、 40代なんだなぁ…ってしみじみ思います。 40を過ぎてからは、こういう検査はきっちりとやっておこうと心を変えたので、 …

icon-medi2

乳がん再検査に行って来た…

マンモグラフィーが超絶怒濤に痛かった話し 乳がん検診の結果…再検査通知 そして今回の乳がん再検査の体験談。 まさかの連載ものとなるなんて、最初のブログを書いた時には思ってもいませんでした。   乳がん …

icon-medi2

乳がん〔ステージ0〕-乳がん治療体験談Part4【 手術前検診 】-

MRIとCTの検査結果が出てきまして、 やはり乳がんだったようです。 L(゚□゚)」ヤッパリネ 一応安心したのは、他の体への転移もなく そこの乳房だけに癌があるのが分かりました。 今の医療技術はそんな …

icon-medi2

乳がん〔ステージ1〕-乳がん治療体験談Part8【 ステージ上がる 】-

8月の乳がんの部分切除の手術をした際に 取り出された【おっぱいの肉片】は 5mmに切り刻まれ、顕微鏡検査へと まわされていました。 実際にガンがどの程度広がっていたか詳しく知るためです。 その検査結果 …

icon-medi2

乳がん〔ステージ0〕-乳がん治療体験談Part3【 舞茸と野菜スープ 】-

乳がんという事が確定してから 周囲に少しずつカミングアウトをしてみたりしました。 ステージ0なので、あまり暗くならないので 割とポップに話しています(笑)。 そうすると、色々な人が 「この本が良いよ〜 …

当ブログは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、 Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。 当ブログ記事の2ch系まとめサイトへの無断転載を禁じます。 投稿した記事内容は私的なものであり、所属する組織・団体に関連性はありません。